フラッシュ

ノアトップ >>企業機密保持方針

企業機密保持方針

企業機密保持方針

 ノア情報開発株式会社は、お客様との取引により知り得た企業機密情報を重要な情報と認識し、お客様のシステム構築・コンサルティングサービス・システムサポートをおこなうためにのみ利用することを目的として、以下の方針に基づき企業機密の保持に努めます。

1.企業機密情報とは

当方針における「企業機密情報」とは、お客様との秘密保持契約により機密事項として合意に至った全ての情報を指します。

2.企業機密情報に含まれないもの

 以下のものは契約内容の如何に関わらず機密情報には含まれませんのであらかじめご了承ください。
  • お客様より先に弊社が所有していた情報
  • 既に公知公用となっている情報
  • 弊社の過失以外の理由により公知公用となった情報
  • お客様の機密情報を利用せず弊社が独立して取得したノウハウおよび技術
  • 権利を有する第三者から合法的に入手した情報

3.守秘義務について

 お客様との書面契約において、弊社は以下の守秘義務を負うものとします。
  • お客様の機密情報について、自己の秘密情報を保護するのと同様の注意を払う義務
  • お客様の機密情報が不正に使用され、開示され、公示され、漏えいされ、または宣伝されないよう保護する義務
  • 書面により事前の承諾がある場合を除き、機密情報を複製せず、いかなる第三者へも開示しない義務
  • お客様の機密情報は、関与するシステム開発者やサポート要員についてのみ開示するものとし、その者による秘密保持に責任を負う義務
  • 第三者の悪意や善意によるシステム侵入に対する配慮を行い、注意深いコンピュータネットワークシステムの構築を心掛ける義務
  • 契約締結後は遅滞なく機密情報の管理責任者を社長と定め、機密情報を保管・管理し機密保持につとめる義務
  • 機密情報はシステム構築やコンサルティングサービス、システムサポートを行うためにのみ利用し、お客様の事前の書面による承諾なしに自己または第三者の利益のため他の目的に利用しない義務
  • その他、書面契約において弊社が合意した義務

4.知的所有権の帰属

 特殊な場合を除き、開発されたシステムと、弊社がお客様にご提供するシステム提案書・システム設計書等の文書(電子文書を含む)の所有権・著作権・知的財産権は弊社に帰属します。
 お客様は上記のシステム・文書等を必要な業務遂行目的でのみ利用する権利を持ち、弊社の了解がある場合を除き、それ以外の目的に利用することは許可されていません。
 なお、お客様が開示・提供する機密情報に関しての知的所有権はお客様側に帰属するものとします。

5.損害賠償・機密保持契約の解除・有効期限

 お客様との機密保持契約書面に準じます。

6.企業機密情報の返還

 弊社は、求めがあればいつでもお客様の機密情報を返還いたします。

制定日:2009年10月1日
ノア情報開発株式会社 代表取締役 西海彰洋

NOA

    Copyright © 2009 ノア情報開発株式会社 all rights reserved.